九州初!! 細胞検査士と臨床検査技師のダブル資格取得

生命医科学科では4年間の在学期間に臨床検査技師・細胞検査士の両資格が取得出来るダブル・ライセンスの制度を構築しています。

最新の分子細胞生物学を基盤とする生命医科学を修得した、高度先端医療にも対応出来る社会に役立つ有能な人材を輩出します。

がん早期診断のスペシャリスト細胞検査士をめざして

細胞検査士とは・・・

顕微鏡を用い、細胞レベルで「がん」か否かの判断を下すスペシャリストで、がん早期発見には欠かせない医療専門職です。

全国平均合格率25%の狭き門である細胞検査士認定試験に合格しなければ細胞検査士の資格は取得できません。

しかも受験資格を得るには、臨床検査技師を取得後、細胞診業務に1年以上従事するか、認定施設で専門教育を受ける必要があります。

本学では在学中に受験資格を取得出来、細胞検査士の資格を取得することが可能です。

なお、細胞検査士取得後、国際細胞学会の資格認定試験に合格することで、国際細胞検査士として世界中で活躍できます。

PAGE TOP

臨床検査技師をめざして

  • 臨床検査技師をめざして

臨床検査技師とは・・・

血液の成分分析や微生物検査、さらに心電図をはじめとする生理機能検査を病院などで行う医療専門職です。

臨床検査技師国家試験に合格することで技師としての資格を得ることができます。

理論から実習まで多彩なカリキュラムにより臨床検査技師の受験資格が得られます。

PAGE TOP

高度先端医療を担う人材を養成

  • 高度先端医療を担う人材を養成

本学科では、がん早期診断のスペシャリスト「細胞検査士」の養成を目的とした専門教育を行うとともに、「臨床検査技師」を養成。さらに、分子細胞生物学等の最新の医科学についても教育を行います。

病院など医療機関で高度医療の担い手として、また大学院へ進学し、細胞検査士・臨床検査技師の資格を有した最先端の研究者の輩出をめざします。さらには独立した施設であるがん細胞研究所も完備しています。

PAGE TOP